不眠 良くなる

不眠が改善されてくるとこう変わる

不眠改善後

不眠が改善した

 

不眠が改善してくると、どういう変化がおきるのでしょうか?

 

 

スポンサードリンク

 

 

体調が良くなっていく様子が自分でわかる

 

当たり前のように思われるかもしれません。
しかし、体調が良くなっていくことを日々実感することがいかに大事か?
不眠が改善してくるとわかってきます。一番大事で、一番うれしい変化です。

 

“実感する”というのがポイントで、毎日、夜寝るごと朝起きるごとに、ほんの少しずつですが体調が良くなっていくことがわかります。極論すれば、目に見えてわかる感じです。

 

 

マイナスのスパイラルから

不眠 → 疲れが取れない → 不眠が続く → うつ?

 

プラスのスパイラルへ

寝れた → 元気がでる → より良く眠れる → さらに元気になる!

 

 

頭がはっきり冴えてくる

 

自分で言うのもなんですが、私はあまり頭がいい方ではないです(笑)。
そんな私であっても、頭がボーっとしてる時と、シャキーンとしている時ではかなり違いがあります。

 

不眠が改善してくると、確実に頭が冴えてきます。

 

 

判断力が上がる

 

頭の中のモヤモヤが晴れてきて、頭がハッキリしてきます。
視界がクリヤーになってくる感じでしょうか?
頭がハッキリしてくると、物事が見えやすくなってきます。

 

物事が見えやすくなると、何が変わるのか?
「やるべきこと」と「やらなくていいこと」が見えてくるんです。
つまり、重要なことと、それほど重要でないことの判断ができてくるわけです。

 

 

処理スピードが上がる

 

さっき、「やるべきこと」と「やらなくていいこと」が見えてくると書きました。
これは何を言いたいのかというと、今まで「やらなくていいこと」を惰性でやっていることに気づいたのです。
振り返ってみると、今までやっていたことの8〜9割は無駄だったなと思います(笑)。

 

「やらなくていいこと」をしなくなると、そのぶんの時間が空きます。
その空いた時間も使って、「やるべきこと」に集中できます。
ミスも減りますし、二度手間も激減します。
その結果、ゆっくり仕事しても、処理にかかる時間はかなり短縮されているのです。

 

睡眠状態がいいと、朝から調子がいいので、午前中にスタートダッシュがかけられます。
以前と比べると、極端にいえば午前中で1日分の仕事が終わる感じですね。

 

 

何をするにも余裕ができる

 

不眠がひどい時は、毎晩「どうせ眠れない」というのが当たり前の感覚でした。
しかし、不眠が改善してくると、今度は逆に「どうせ眠れる」に変化します。
不眠の心配自体がなくなっていきますので、気持ちに余裕ができます。

 

どうせ眠れない → どうせ眠れる

 

また、午前中に、必要な仕事のほとんどを終わらせる勢いでこなすので、仕事がかなり進みます。 ※仕事と書きましたが、これは勉強でも何かの作業でも同じです。
仕事が早く進むと、気持ち的にも、時間的にも余裕ができます。

 

必要な仕事の多くは終わらせた → あとは残りの仕事を丁寧にこなすだけ

 

 

不眠が改善していくと、少しずつですが、確実に生活が変わっていきます。
もちろん、毎日うまくいくわけではありません。調子がいい日もあれば悪い日もあります。

 

それでも、マイナスのスパイラルからプラスのスパイラルへ変化するということは、こんなにも生活を一変させられるものなのかと思いますね。

 

 

 

スポンサードリンク

不眠改善のヒント トップページへ


ホーム RSS購読 サイトマップ