レム睡眠 ノンレム睡眠

レム睡眠とかノンレム睡眠とか考えない

レム睡眠とかノンレム睡眠とか考えない

レム睡眠ノンレム睡眠

 

「レム睡眠」とか「ノンレム睡眠」とかの言葉、不眠で悩んでいる人ならみなさんご存知なのではないでしょうか?

 

簡単に説明しますと、

 

  • レム睡眠  = 身体は休止中だが脳は起きている状態 = 浅い眠り
  • ノンレム睡眠= 身体も脳も休止中 = 深い眠り

 

ということですね。

 

 

スポンサードリンク

 

睡眠の知識が睡眠の邪魔をする

睡眠中はノンレム睡眠とレム睡眠が交互に訪れます。
ぐっすり眠りたいからレム睡眠を数回くり返して、すっきり目覚めたいからレム睡眠の状態で起きたい。
で、レム睡眠の訪れる周期が、だいたい90分単位と・・・。

 

 

と、ここまでの話は、睡眠に関するテレビ番組や本でよくとりあげられる話題です。
なので、知っている人が多いと思います。

 

 

でもですね、こういう知識は、私にとって役に立ちませんでした。
むしろ、レム睡眠とかノンレム睡眠とかを知ってしまったため、かえって睡眠の質を落としてしまっていたんです。

 

 

みなさんは、例えばこのように考えたことはないでしょうか?

 

「明日は6:00に起きたい。
 だから90分単位で計算すると、夜の10:30か12:00に寝たい。」

 

とか、

 

「今、夜の12:30。
 レム睡眠で起きるために、明日の朝6:30に目覚ましをセットしよう。」

 

など。

 

 

私だけでしょうか、こうやって計算して眠ろうとしていたのは。
でもこれ、うまくいかないんですよね。

 

 

今となってみれば、アホなことやってたなぁと思います。
余計なこと考えなくてよかったんです。
といいますか、考えないほうがよかったんですよ。

 

 

睡眠の質をあげようとすることが、かえって睡眠の邪魔になることがあります。
睡眠時間が少ないとか多いとか、レム睡眠がどうとか、気にしないようにしたほうがかえってよく眠れるんですよね。

 

 

 

スポンサードリンク

不眠改善のヒント トップページへ


ホーム RSS購読 サイトマップ